FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac Cocoa Xcode OpenCV

前回に引き続き、OpenCVを導入してみました。
まずはインストール。
参考にしたサイト様
http://d.hatena.ne.jp/koichirohonda/20100329/1269833949

よく分からないのですが、検索で上の方に引っかかったので、これで入れてみました。
単純にopencv-cocoaフォルダ下で、
$cmake ./
$make
$sudo make install
とやりました。

makeでエラーが一つ出ました。cvcap_qt.mmの348行目です。

device = NSArray* devices = [[[QTCaptureDevice inputDevicesWithMediaType:QTMediaTypeVideo] arrayByAddingObjectsFromArray:[QTCaptureDevice inputDevicesWithMediaType:QTMediaTypeMuxed]] retain];

Objective-Cとか書いたことないのでさっぱりなのですが、前後の行からどうやらデバイスの数を入れたいらしいです。ということで、そんな感じに書きなおしてやります。

devices = [[[QTCaptureDevice inputDevicesWithMediaType:QTMediaTypeVideo] arrayByAddingObjectsFromArray:[QTCaptureDevice inputDevicesWithMediaType:QTMediaTypeMuxed]] retain];
device = [devices objectAtIndex:camNum] ;

しかし、device = NSArray* devices = ...みたいな書き方ってあるのかなぁ・・・?

とりあえず、これでmake出来ました。
次にsamples/MacOSX-Cocoaをビルドしてみました。エラーが46個程。
まずOpenCV/OpenCV.hがないと怒られました。make install時のログを見てみたところ、/usr/local/include/に入っていることが判明。includeフォルダは/usr/includeが使われる(と思う)ので、シンボリックリンクを貼ることにしました。
$sudo ln -s /usr/local/include/opencv /usr/include/opencv
再びビルドすると、またOpenCV/OpenCV.hが見つからないとエラーがでました。実際にフォルダの中身を確認するとなし。ネットで検索してみると、opencv/cv.hに置き換わったそうな。
置き換えて再度ビルドすると、今度は16個程エラーがでました。CV_WINDOW_AUTOSIZEとかいうやつがないそうです。大体こういうのはヘッダファイル内にあるものなのですが、ググッたところhighgui.hが足りないようでした。
ということで、#import <opencv/highgui.h>を追加してビルドしたところ成功。そのまま実行し動いていることを確認しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sin

ニックネーム:sin

趣味でプログラムの作成などをしています。

Google+1
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。